ソーシャルメディアだけでなく、ブログも書くべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、松本(@peter0906)です。

今はTwitterやFacebook、LINEなどのソーシャルメディアが全盛の時代です。

今挙げた3つのうち、どれかをやっている方もいるでしょう。
私は3つともアカウントを持っています。

今まではブログを書いていたけど、これらのサービスが登場したことでブログを書かなくなったという話もよく聞きます。「最近Twitterばっかりですね〜」とか「Facebookにしか書かなくなったなぁ」とか実際に会う人から聞く話です。

ブログを書くなんて今さら何言ってるの?めんどくさい、と思うでしょう。

私は逆に今だからこそ、ブログに価値があると思って、ブログを大事にしています。

今回はなぜ、ブログを書いた方がいいのかを全力で解説します。
ブログセミナーで講師をした時に話すレベルの内容になるので、よく読んでいただけると嬉しく思います。

MacbookAir

ソーシャルメディアの決定的なデメリット

Twitter、Facebookに代表されるソーシャルメディアは、いつでもどこでも書きたいと思ったことをすぐに書いて公開することができます。

この手軽さがあるおかけで、爆発的な人気が出て、生活に溶け込んでいるのでしょう。

 

しかし、です。
TwitterやFacebookに書いたことは、書いた瞬間には見られますが、時間とともに流れていってしまいます。数時間も経てば、ほとんど見られなくなるし、1日経つとまず見られることはないでしょう。

探しだせばその投稿を見ることはできますが、かなり困難になります。

悩んでいる男性

 

メリット・デメリット含めたソーシャルメディアの特徴は・・・

・投稿が簡単
・書いた内容が残らない(探しづらい)
・使っている人が多い 

簡単に使えるところが、人を集める大きな理由の1つでしょう。面倒なことは誰しも好きではないですからね。

 

ブログはアーカイブが残る、検索もされる

一方のブログはどうでしょうか。
結論から言うと、ブログはソーシャルメディアでの弱点をカバーすることができます。

ブログもソーシャルメディアと同様に記事をどんどん追加していくと、過去に書いた記事が流れていきます。ブログを書いている方であればよく分かると思います。

でも、過去記事はアーカイブとして残り続けます。見ようと思えばいつでも見ることができます。過去記事を探すのが困難なソーシャルメディアとは大きく異なります。

 

それにもう一つソーシャルメディアとの決定的な違いがあります。これからが大事ですよ。

過去に書いた記事が検索エンジンで引っ掛かるので、いつまでも読まれ続ける可能性があります。ブログを書き続けると、それだけ検索されやすくなるので、読まれやすくなります。

私が運営しているブログ、アクセス元の半分以上は検索からの流入です。
下の表は私が運営している「ノマド的節約術」の2013年3月の流入元のデータです。 

流入元 ノマド的節約術

59.6%もの方が検索エンジン経由でブログに入ってきています。全体数は20,488なので、約12,000回ものアクセスが検索エンジン経由です。

 

ブログの特徴は・・・

・検索エンジン経由でのアクセスがある
・過去記事がムダにならない
・理論上、書けば書くほどアクセスが増える

 

これだけのメリットがあるブログですが、
以下の理由で書かない(辞める)人がとても多いです。

・記事を書くのがめんどくさい(時間がない)
・ネタがない

 

自分の思考を整理するのに役立つ

私がブログを書いている理由の一つに、自分の頭の中を整理するということがあります。

頭の中で考えていることを文章化することで、思考の整理になります。

悩んでいたことを解決できた時とかは、絶好のチャンスです。あなたが悩んでいたことは他の誰かも同じように悩んでいるかもしれません。

そうやって、自分の問題を解決するごとに記事を増やしていけば、誰かの役にも立つし、備忘録にも使えますね。

スッキリする

 

書き続けると、自分という存在を印象付けできる

ブログを続けていると、不思議なことに見てくれる人は見てくれています。

記事のジャンルがどうであれ、文章にはその人と人となりが必ずあらわれます。読者はそういった人柄を敏感に感じ取ってくれるので、ブログを書いていると、自分の存在を世に広めることができます。

身近な人からはマメにブログを書いている、しっかりしている人と思われやすくなるでしょう。今まで会ったことのない方からは、一度お会いして話してみたいと思われたり、能力の高い人と思ってもらえやすくなります。

理想論のように聞こえるかもしれません。しかし、私自身がお気に入りのブログを見つけた時はそう思うので、間違いないと思います。

 

ブログを続けることで得られる副産物

ブログを続けていって、自分の存在が広まっていくことで、様々な副産物的なものが出てきます。ブログを続けていて良かったと思える瞬間の1つです。

これからあげる事例は、実際に私自身が体験したことです。大した能力のない私でもこうなるので、能力の高い方はもっとチャンスがあるかもしれませんね。

 

・ブログについてのセミナー依頼があった
・ブログへの広告掲載希望のメールが来た
・ちょっとしたお小遣いが入ってくるようになった
・ブログがきっかけで人との出会いがあった

 

ざっと思いつく限りでも、この4つがあります。

どれも嬉しいことですが、一番下に書いた「ブログがきっかけで人との出会いがあった」というのは、本当に嬉しいことです。

初めて会う方にもブログを知ってる、読んだことある。と言っていただけるのは、驚きますし、感激します。元々の出会いのきっかけはブログで、今一緒に仕事をしている方もいます。

良かったこと

 

短期間で結果が出るものではない

散々ブログをおすすめしている私ですが、一つ重要なことをお伝えしておきます。

ブログを始めたからといって、1記事2記事書いたぐらいでは劇的に変わるものではありません。

時間をかけて、定期的に書き続けていくことで、初めて何らかの結果が出てきます。続けていても結果が出ないことだってあり得ます。

 

お金の投資をされている方はご存知であろう「短期投資」「長期投資」という言葉があります。ブログは完全に長期投資です。というか、長期投資しかあり得ません。

短期的に結果を求めるのではなく、自分自身の将来を見据えた上でブログを書き続けていくと、1年後、2年後には大きな差となって現れてきます。

上を向く

 

コワーキング仲間のブログが楽しみ

今、コワーキング仲間で共同執筆しているしかたさんが「なるスラブログ」を定期的に更新し続けています。

まだまだかけている労力に見合った成果は出ていないと思いますが、このまま1年経つと彼を取り巻く環境が大きく変わっているような気がします。

始まって数ヶ月の今でも、大きな変化があったのではないかと思うほどです。1人の読者として、今後が非常に楽しみです。

なるスラ ブログ

 

まとめ:長期目線でコツコツ続けよう

短期的に得すればいいや、という考えしかないのであれば、ブログをしても続かないです。

将来の自分のことを想像して、今の自分よりもいい仕事や生活をしたいと思うのであれば、ブログをコツコツ書きましょう。

自分の未来を作るのは、今の行動の結果でしかありません。

PS. 私の身近な方、Footlightで記事を書きませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です