Footlightが生まれた理由と理念について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやくスタートできた。そんな思いが強いです。
はじめまして、@peter0906です。

私は2011年4月にコワーキングを知り、2012年初め頃から積極的に関わるようになりました。

現在も少なくとも週に1度はどこかのコワーキングスペースに通っています。

カフーツcolocoをメインに、大阪の方に行った時は新大阪コワーキングJUSO Coworking往来にも顔を出しています。

自己紹介的なことはこれぐらいにして・・・

 

この記事が初めての記事なので、
なぜ、このようなサイトを始めることになったのかを説明したいと思います。

 

Coworking Conference Tokyo 2012
Coworking Conference Tokyo 2012 / yutaka-f

 

コワーキングフォーラム関西2012がきっかけ

このサイトのアイデアがひらめいたのは、2012年の秋にあったコワーキングフォーラム関西がきっかけでした。

その時、私は当日スタッフとして働いて、コワーキングの良さを改めて感じることができました。

しかし、入場者数は少なく(大雨だった)、しかも半分近くはコワーキング関係者が集まっている状況でした。

なんとかより多くの人にコワーキングを知ってもらうことはできないだろうか・・・?と考えていた時に、コワーキングで働く人たち(コワーカー)でブログを書けばいいのではないか?とひらめきます。

ブログという手段を思いついたのは、個人的にブログを複数運営していて、その魅力に取り憑かれているからですw

 

とは言え、実際にコワーキングスペースで働く人がどんな考えをもっているのか、どんな仕事をしているのかがわかるようにするにはブログという手段は有効だと感じています。

 

コワーキングで働く人に光を当てたい

「コワーキング」関連のニュースは、コワーキングスペースが新しく開設された情報や運営者の情報がほとんどで、コワーキングスペースで働いている人のことにはあまりフォーカスがあたっていないように感じています。

もちろんスペースがないとコワーキングは成り立ちませんし、
スペースで働きに来る人がいないと、これまたコワーキングは成り立ちません。

 

Footlightでは、そんな現状を打破して、コワーキングスペースで働く人にも注目が集まるようにしていきたいです。

このサイトをきっかけに1人でも多くの方に、コワーキングの中はどうなっているのか、コワーキングで働く人はどのようなことを考えているのか、などコワーキングスペースの実際の部分を知ってもらえるようにしていきますので、よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です