多分参考になりません!自分が今やってる仕事と収入を全部公開します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、松本(@peter0906)です。

コワーキングスペースに出入りしている人がどんな仕事をしているか、気になりませんか?

コワーキングで出会った方に仲良くなっているのに、何の仕事をしているかよくわからない・・・という方もいますw お世話になっているブログ「cubの日記」では「何して稼いでいるかよく分からんけど小銭をちまちま稼いでいるおっさん」という称号をいただきました。

私のように何をしているのかわからない人もいますが、あえて聞く必要はもちろんなくて、それはそれでいいと思っています。

ただ、Footlightは自分のしている仕事について書く場でもあるので、先陣をきって、私が今している仕事を紹介します。

あ、ちなみに私は個人事業主(フリーランス)です。

C812 sonoteianwo

私がしている仕事たち

他の方がどうなのか知らないのですが、私はいろいろなことに取り組んでいます。

1つだけ、という風にせず、あらゆることにチャレンジしています。
その結果、収入の大小はあるにしろ、複数の収入源を持っています。

 

Webシステム開発

会社員時代はシステム開発(プログラマー)の仕事をしていたので、今も引き続き同じ仕事をしています。

会社員時代は.NETでの仕事ばかりでしたが、フリーになってからはPHPを使っています。

いわゆる受託の仕事ですね。私の場合は仕様が既に決まっているものを構築する仕事をしています。

別のお客様では、既に動いているシステムに何かあった時の対応(保守)をしていました。ファーストサーバでトラブルがあった時は痛い目を見ました・・。

開発案件は3件、保守でお金をいただいたのは4回、2012年は90万円程度の収入だったと思います。

 

HTMLコーディング

PDFファイルでデータをいただき、それをもとにHTMLやCSSに落としこんでいく仕事も何度かしました。

コワーキングで知り合った方から、仕事をいただき、こちらも年に3〜4回しました。

あとはWordPressで構築していたサイトのリニューアルで再コーディングしたこともありました。まだまだ初心者の頃だったので、今見返すと恥ずかしいかも・・・。

これらを合わせて2012年で12〜13万円程度の収入だったと思います。

 

ココロザシ

ココロザシ」という名前の枠にとらわれない働き方をしている人で構成されたチームに所属しています。

これもコワーキングがきっかけで、代表の方と出会いました。すごく尊敬できる方で、話も合うので、コワーキングがきっかけで本当にいい出会いをいただけたと感謝しています。

この方と一緒に始めたプロジェクトの1つがネットショップブログです。

ココロザシのネットショップ運営テクニック集

複数人でブログ運営したのはこれが初めてで、Footlightを複数人でやることをすぐに思いつけたのもこのブログをやっていたからこそです。

ブログ運営

ブログを書くことを私は非常に大事にしています。よほどのことがない限りは1日の最優先がブログになっているほどです。

飽きっぽい性格なので、過去何度もブログを作っては消していましたが、今はブログを飽きずに楽しく続けています。

当時会社員だった、2010年8月に始めた「田舎暮らしフリーランスへの道」を始めます。続けていたら、ブログのタイトル通りにフリーランスになってしまいました。田舎ではないものの、都会でもない静かな住宅街に注文住宅を建てて暮らしています。

大げさかもしれませんが、ブログを書き続けたことで、ブログのタイトルに引っ張られて目標を達成できました。

 

ブログを続けていると面白いことが数多く起こります。

私のブログを読んだことがきっかけで・・・

・2人も注文住宅を建てることを決意した(と工務店の方から聞きました)。
・初めてお会いした方にブログを読んだことがあります、と何度か言われた。
・ブログの縁で、コワーキングでつながり、一緒にWebサービスを開発することになった。(現在開発中) 

こんなことがありました。

 

ブログを続けていると「私=ブログ」というイメージができてくるので、過去2回、新大阪コワーキングでブログに関するセミナー講師をさせていただいたこともありました。(2013年6月に再びセミナー講師します!)

Footlightが生まれたのも私がブログを続けていたからです。

仕事としてブログをするのは難しいですが、そういうのを意識しなければ、いろいろなリターンがあるのだと痛感しています。

ブログはライフワークです。

 

アフィリエイト

上記のブログとも少々重なりますが、ブログでアフィリエイトもしています。

もちろん何でもかんでも紹介するのではなく、自分がいいと思った商品だけです。あとはGoogle AdSenseを貼っています。

収入源となるアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)はA8.net、バリューコマース、リンクシェアなどです。あと、もう一つ運営している節約ブログ「ノマド的節約術」でASP側から直接広告掲載の依頼がきたこともあります。自分自身の生活で気になっていることだったので、その広告もサイトに貼っています。

アフィリエイトでの収入は2012年で50万円ほどでした。

アフィリエイトだけで食べるようにできて、あとは自分の好きなこと、誰かの役に立つことをしたいと思い続けているのですが、道のりは険しいですね・・・。

アフィリエイトで月3万円コンスタントに稼ぐためにやったこと全部紹介します! | ノマド的節約術

 

家の不用品をオークションに

生きていく上で必要なモノってそれほど多くないと思っています。モノが多いと感性が鈍るので、どんどん減らしていってます。

私はお金好きなので(笑)、換金できるものは全てオークションに出して換金しています。

これだけで2012年は36万円ほどの収入がありました。さすがにモノが減ってきたので、これからはこんなに稼げませんが・・・。

 

転売・せどり

上記にある、不用品をオークションに出すことをやっていたら、しばしば買った時よりも高く売れるモノがでてきました。

それがきっかけで、転売したらいけるんじゃない?と気付きます。オークション慣れしているので、割とすんなりトライできました。

2012年で500万円ほど売り上げましたが、仕入れも同じぐらいの額を使っているので、ほとんど利益はありませんでした。しかし、損益分岐点付近まで来ていたので、仕入れをやめれば在庫分の売上は全て利益になる状態にまできています。

現在でも一番の収入源となっていますが、いろいろと考えることもあり、現在は規模を縮小しています。税金対策もあります。売上が1,000万円超えると良くないですから。

せどりについて、別に書いているネットショップブログにまとめてみました。

大暴露!せどり(転売)で月110万売り上げた方法全て教えます | ココロザシのネットショップ運営テクニック集

 

オークション代行

これも不用品を整理している中で気付いたことです。

しかし、店に売っても大したお金にはなりません。じゃあ、高く売ることができる人(=私)にお願いすればいいのではないか?と思い付き、一度お会いした方だけを対象に細々とやっています。

今は売上を半分ずつシェアする形でしています。狙い通り、リサイクルショップで売るよりも高額になり、喜んでいただけています。

モノが少なくなれば、快適な生活になることに気付いていただくのが本当の狙いです。

2012年、神戸で一大ムーブメントとなった「9マンアカデミー」がアイデアのヒントとなりました。

オークション代行は2013年になり、本格的にはじめています。オークション代行をすることで、リスクなく商品の相場を知ることができるので、上記の転売にも活かすことができます。

 

株主優待目当ての投資

一時、株主優待の魅力に取り憑かれ、徹底的に調べていた時期がありました。そのおかげかムダに知識があります。

利回りの高いところに投資して、長期保有しながら株主優待をもらっています。

生活の足しになるので、結構重宝しています。自分では使わない株主優待は上と同様にオークションで換金しています。

信用取引(空売り)を使ってクロス取引をすれば、ローリスクで株主優待を取得できるので、これだけで年間10万円ほどになります。(節約額も込みで)

 

電子書籍

2012年の年末に埼玉のコワーキングスペース「7F」に行き、星野さんとお話する機会がありました。

その時に、遅ればせながら自分で電子書籍を出版できることを知り、衝撃を受けます。

年明けから早速、執筆作業にとりかかり、2月20日頃に1冊目を出版できました。

タイトルは「カウチサーフィン受け入れのはじめ方 〜日本にいながら、1年で外国人の友達を10人作る方法〜

出してみたはいいけど、なかなかうまくいきませんね。まだ10冊も売れていませんw

 

ココナラへの出品

新たな試みでワンコインで仕事を依頼できる「ココナラ」に登録してみました。

まだ1件も依頼がありませんが、リスクヘッジと自分の新たな可能性を探る意味で試しています。

 

住み開き・イベント企画

ここからが私ならではの部分になります。

注文住宅を建てた私ですが、家が建つまでの間にいろいろと考えることがあって、自分たちだけが済むのではなく、いろいろな方が出入りするような空間にしたいと思うようになります。

こう思うようになったのもコワーキングスペースに行ったことがきっかけでした。JUSO Coworkingの「家族ラボ」に参加してみて、ひらめきました。

新しい家に住み始めて1ヶ月で早速開放して、月に1度のペースでイベントを開いています。普段も打ち合わせなどで直接声が掛かった時は家に来ていただくこともあります。

最初の頃は「コワーキング」と題してやっていましたが、なんとなく違和感を感じたので、今は特に形にこだわらず、ゆる〜くやってます。

過去にやったイベントは「近所をランニング」「マインドマップを書く (講師ブログ)」「お金の勉強会」「副業を語り合う会」「GTD勉強会 (講師ブログ)」「ライブDVD鑑賞会」「カレー食べ比べ会」「ゲーム会」「オークション勉強会」「梅見会」「株主優待勉強会」「名盤アルバムを熱く語り合う会」など。

イベントの様子

これらのイベントで得た収益は2012年で3万円ほど。食事を一緒にしたりすることもあったので、そのコストも引いたらプラマイゼロぐらいでしょうか。

遊びと仕事の境目をなくすことが狙いです。

 

カウチサーフィン・airbnb・roomstay

住み開きの流れで、日本人だけでなく、外国人にとっても開かれた家を目指しました。

これまたコワーキング仲間に教えてもらった、カウチサーフィンで外国人を受け入れするようになりました。上記の電子書籍を書くきっかけにもなっています。

もうカウチサーフィンをはじめてから1年経ちましたが、既に20組以上の外国人ゲストを受け入れました。

1年前は大して英語ができなくて、話すのを恐れていたのが、今は外国人と会話することに抵抗がなくなりました。全く勉強してないので、話す力自体はなかなか上達しないですけどね・・・。

 

最近は同様のサービスであるairbnbroomstayにも登録して、受け入れするようにしています。各サービスごとのメリット・デメリットを体感するのが狙いです。

airbnb、roomstayはホストすれば、お金が入ってくるので、それも狙いです(笑)

カウチサーフィン 

上の写真はカウチサーフィンのゲストとイベントが重なった時の様子。

 

 

複業でリスクヘッジ

私の仕事は1つのことに縛られず、その都度変化します。毎日やっていることが変わってくるし、同じ事ばかりしていると飽きてきます(ブログ以外)w

どれも自分にとっては必要なことで、楽しみながらやっています。

こうやって複数の仕事をするのは、どれか1つがダメになっても他があるから大丈夫、という風にしたいからです。

一見お金にならなさそうな、ブログやカウチサーフィン、住み開きをするのも、お金がなくなってしまった時のことを考えているからです。恩を売るというと言い方は悪いですが、こちらが与え続けることで、いざという時に力になってくれるところを増やしたいからやっている部分もあります。

当然、最初から見返りは期待していないですけどね。見返りだけを求めてやるとギクシャクするのはすぐにわかることなので。

 

徹底して生活コストを抑えることが、生き残る道

お金になる、ならないを含めて、いろいろなことができているのも、徹底的に生活コストを抑えているからです。

精神的に自由を手に入れるためにはあらゆる縛りから解放されることです。その中でも重要なのが、生活コストを下げること。

生活コストが低ければ、極端な話、ガツガツ稼がなくてもいいのです。ここまで私の仕事を読んでいただいた方は、どうやってこんな低収入で生活するんだ!と思われたもしれませんが、それも生活コストが低いおかげなのです。

私の家の1ヶ月の生活コストは20万程度です。そのうちの12万は両親に家を建てた時のお金を返しているので、ほとんど支出がありません。

イケダハヤトさんが書いた「年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)」という本がありましたが、あれは夢物語でもなんでもなく、私が現実に実行しています。

そう、節約も仕事なんです。これでもまだまだ切り詰めれば、生活コストを下げることができます。でも、無理はしていません。

 

私は生活の全てが仕事

最近思うのは、自分の生活の全てを仕事にしてしまっているということです。

ブログをはじめ、ソーシャルメディアを使えば自分自身をコンテンツにできますし、あらゆる方法でお金に換えることもできます。

まだまだ、うまくいっているとは言えない人生をかけた実験ですが、サラリーマンぐらいの収入までには辿り着きたいものです。

私はかなりの安定志向です。自分の将来を安定させるためにはどうすればいいかを考えた時に、ここまで上げたように複業することだと思い、今に至ります。

 

かなり長くなりましたが、私の仕事はこんな感じです。参考になったでしょうか?多分参考にならないと思いますが^^;

参考書籍

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です