あなたはどっち派?ブースorオープンスペース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6785

コワーキングスペースで働くにあたって、実はプランがいくつかある場所が多く自分にあった働き方が選べたりするんですが、その中でも今回は

ブース or オープンスペース の2種類にしぼってご紹介してみます(・ω・)

あ。
先に言うときますけど、これそれぞれのスペースによって違うので、気になるスペースがあったら確認してくださいね。あと、今から私がいう利点などはあくまでも個人的な思考回路からくるものなのでうしろに(かもしれない)くらいをつけてもらえると嬉しいかもしれません。

っていうわけで、えっへん。

まずはじめにそれぞれの特徴から行ってみましょう。

(1)【ブース】とは基本的には個室です。

場所によってはドア有りの鍵付き完全個室からドアなし肩くらいまでの高さのパーテーションがある形態まで、まぁものはそれぞれなんですが、ブースの利点は

・荷物が置ける
・ものを広げれる
・集中できる

こんなかんじでしょうか。

Photo 12月 07, 22 14 20

※ちなみにJUSO Coworkingの個室ブースはこんなかんじ。
 もちろんこれもプランによりますが、JUSOは法人や複数で使われてる人が多いプランです。

(2)次に【オープンスペース】これはまさしくコワーキングスペース。

大きな机でそれぞれが好きな場所に座って仕事をする。最近企業でも聞かれるフリーアドレスな使い方です。これの利点は

・孤独感をかんじにくい
・いい意味で人の目があるのでさぼれない
・他の人とコミュニケーションをとるきっかけがうまれやすい

IMG_6905

こんなかんじでしょうかね。

この2種類の場所
うちのJUSO Coworkingを含め、多くのコワーキングスペースに何かしら存在するんですが、実はそれぞれ、求める人の種類が全然違うことに運営してて気づきました。

ようは、自分の働き方および仕事が【何を】求めているか?に当然よるんですけど

例えば

●書類が多い仕事はオープンスペースで満足に仕事ができるのか?
きっと大変だと思います。
だって保管場所は?込み具合によっては書類を広げられないですよね。
第一せっかく保管のためにファイリングしてるだろうものを持って運ぶのか!?

ちなみに私の本業は事務・経理なんですけど、ぶっちゃけ無理ですね。
伝票整理などの書類仕事をすべてオープンスペースに持っていくとか、無くならないように
ハラハラするし、判子・スタンプ台・文房具類…考えるとめんどくさいです。

●家で一人がさびしくってコワーキングスペースに出てきた人がブースプランだとどうだろうか?
きっとこんな人がうちみたいな完全個室使うと寂しさの極地にたつとおもいます。
ていうかブースプランきっと選ばないですけどね。

ようは、プランを選ぶ時に大事なのは

・自分がどれくらいの作業スペースが欲しいのか
・自分がそこに来て働く時間帯はどんなもんか
・周囲に人がいて聞かれても見られてもいい作業なのか
・その場所におきっぱなしにしたいモノがあるのか

そんな感じでしょうか。

●保管場所は欲しいけどコミュニケーションもとりたい!
保管したいものの量にもよるとおもいますが、きっとブースプランを選ぶと
オープンスペースは対外一緒に使えるのでおすすめかも。

●仕事道具ってノートPCだけだし、他に別においときたいものはない
迷わずオープンスペースですね。

●基本的には集中したいけど、お茶飲むときくらいほっとしたい
ブースプランで基本的に引きこもっていただいて、お昼ご飯やお茶、打ち合わせのときに
オープンスペースを使うとかどうでしょうか?

最初に言うたとおり、ただこれらのことはそれぞれのコワーキングスペースによって
かなりサービスは異なります。
だからこそ、同時に

・自分に合う雰囲気のスペースは?
・自分が使うにしんどくない距離や路線は?

など考えるとなお良しかもしれませんね(・∀・)q☆

あ、最後の最後に。
上で紹介した「書類が多い人はオープンスペースで仕事できるか?」についてですが、
これに関して、答えだけ言うてしまうと「できなくはない」と私は思ってます。
っていうかできる範囲でコワーキングに持ちこんでやってるのは私です。
なので、書類持ちの人のオープンスペースの使い方に関しては、また後日記事で書く予定なのでお楽しみにしててくださいね!(´∀`)ノひゃっほう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

深沢 周代
水交デザインオフィスのマネージャー兼イラストレーターでもあり、JUSO Coworkingのオーナーもやってます。基本的にアナログ人間なので、今回はオーナーとしてよりもアナログ寄りな利用者の一人として寄りで記事を書いていきます!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です